女性

フランチャイズ店の独立経営|事業を興すコツ

独立のための豆知識

カフェ

独立を考える方であれば、一度は検討するであろうカフェの開業。でも実際に開業するとなると、予想以上に難しいものです。そこで気をつけたいのが、共同他社との差別化。自らの店舗の持つ強みと客側のニーズをふまえ、戦略を立てることが必要です。最近ではニッチな分野のお店も競争力を増しています。

詳細を読む

店舗で使用するレジスター

レジスター

POSレジは1980年代頃からコンビニエンスストアで使用が開始された。POSレジは以前は高価であったが、最近は低価格化が進んでいる。タブレット端末をホストシステムにしたPOSレジもあり、導入する小売店が増加している。

詳細を読む

購入の動機になり得る決済

クレジットカード

クレジットカード決済は、現金の持ち合わせがないお客さんやポイントを増やしたいお客さんにメリットがあります。そのためクレジットカード決済は購入の動機となりえます。クレジットカードでの決済を導入するには経費がかかります。決済を仲介・管理する会社を複数候補の中から選ぶことで経費の面でメリットがあります。

詳細を読む

未経験者がお店を開く

案内

カギはノウハウの入手

サラリーマンなど組織の中で日々を過ごしている人の中には、いつか独立して自ら事業を興してみたいと考えている人が少なくありません。中でも「自分のお店を持つ」ことは、多くの人にとっての憧れのライフスタイルとなっています。ただ、言うまでもないことですがたとえ独立を果たしてもすべての人がうまくいくわけではありません。お店を開くにしても立地や商品の仕入れ、価格設定、広告宣伝などのさまざまな課題に的確に対処しなければ成功はおぼつかないものとなります。こうした経営課題に対する対処能力を身につけるには、通常は他の店で修行するなどして経験を積むのが一般的です。しかしその一方で、もっと手軽にノウハウを手に入れる手段もあります。それがフランチャイズ方式の利用です。

支援を受けながら独自経営

フランチャイズ方式とは店舗チェーンの運営本部と契約を取り交わし、その加盟店となって事業を行うことをいいます。各加盟店は独立経営のスタンスを保ちつつ、全チェーン統一の商号やマニュアル等を利用します。フランチャイズ方式はコンビニやドラッグストア、ラーメン店など多種多様な業種において採用されており、未経験者が独立する際の手段として人気があります。というのも、フランチャイズ契約を結べば事業主は本部からさまざまな経営ノウハウの提供を受けることができるからです。開業場所の選定から資金計画、従業員の教育に至るまで手厚いサポートが得られるため、その業種に関する充分な知識や経験がなくても成功するチャンスが高い運営方式なのです。